あなたの街厳選されたリフォーム業者から相見積もりをお取り寄せできます。
>>> タウンライフ・一括見積り請求 (入力前に業者名をチェックできます。)
トイレや水回りだけのリフォーム見積もりももちろんOK。

トイレリフォーム費用の相場について知っておきたい事

 

トイレリフォーム費用の相場

 

〜〜金額はすべて税別価格で記載しています〜〜

 

トイレリフォーム費用を最安値におさえてもこれだけあるイイコト

いま、トイレリフォーム費用相場について知っておくべきことは、
ここ数年で、便器やタンク、便座の機能・性能、デザイン性が大きく進化し、
最安値でもすばらしい機器が手に入るということです。

 

メーカー希望小売価格10万円前後、もしくは、
キャンペーン価格や量販店の格安価格が4万円以下ぐらいの
最安値モデルでも、
掃除のしやすいフチなしトイレで、5リットル以下の
洗浄能力の節水型トイレが主流です。
★便座料金は別の場合があるので要チェック。

 

流行りのタンクレストイレは20万円台から

最低限の機能でリフォーム費用をとことん抑えたいケースとは別に、
30万円以上かけて高機能・スタイリッシュなトイレへのリフォームの需要も増えています。

 

タンクレストイレ機器代金だけなら最安値が20万円ぐらいですが、
ネオレストサティスなどの売れ筋は30万円台です。

 

システムトイレにするか、手洗いを別途設置する必要があるため、
便器の機器代金だけでなく、その分が追加で発生します。

 

さらに壁紙や床材にもこだわる場合、トイレリフォームの総費用に50万円以上かける
場合もめずらしくありません。

 

 

メーカーカタログの機器価格を工事費込み費用の目安にする

TOTOLIXIL(INAX)ではメーカー希望小売価格をWebカタログで表示しています。
一般に、トイレリフォーム業者が請求する機器代金
便器なら3割〜5割引き洗浄便座なら2割〜4割引き
便器取り替え基本工事費は旧便器処分費込みで2万〜3万円が相場。
(カウンターや手洗い器が付いたシステムトイレでも設置工事は4万円以下です。)
※和式から洋式への交換は、解体・処分費、その他工事費で10万円以上高くなります。

 

 

特にトイレ市場シェア6割を占めるTOTO
2番手のLIXILのカタログに掲載されている
メーカー希望小売価格よりもリフォーム工事費込みの合計費用が少ないのが普通です。
※カタログ価格が高くても、競合他社ブランドと同程度で総費用が収まることが多いです。

 

 

現在販売中グレード別参考価格の一部を、こちらに並べてみました。
>>>トイレのグレードによる機能の違いと価格相場

 

メーカーの希望小売価格は、
業者が割り引けば、工事費込みでこれぐらい以内に収まる」という目安です。

 

特殊事情がない限り、壁紙などの内装は別として、
トイレ交換・設置の総費用がメーカー希望価格を超えるときは
相場より高いと思われます。

 

 

基本工事費はそれほど変わらない。

リフォーム費用を左右するのは製品のグレード


トイレのリフォーム費用は便器のタイプやタンクの仕組み、
ウォシュレットなどの洗浄機能など
製品のグレードによって決まります

 

 

便器交換は、追加工事が発生しない限り、基本工事費は20,000〜30,000円で、
それほど変わりません。(洋式から洋式への交換の場合です。)

 

設置業者の利益はむしろ、機器の価格で決まってきます

 

壁の中や床の下の給排水管や電源工事まで徹底的にリフォームするなら別ですが、
標準的な内装工事費用も、便器の割引額より少ないぐらいです。

 

床、壁、天井などの内装工事が必要な場合は、
クッションフロアクロス張替え程度であれば、床、壁、天井すべて替えても、
内装のための工事費は、材料費込みで5万円以下から可能です。

 

洋式便器を単純に新しいものに交換する場合、便器の料金プラス工事費、2〜3万円が相場。

 

 

厳選された地元のリフォーム業者をご紹介
リフォーム費用の相場を知るなら >>> 一括見積り請求

トイレや水回りだけのリフォーム見積りもOK。
見積り依頼する前に、業者名をチェックすることができます。

 

>>>洗浄力がすごい、最新のトイレリフォーム

トイレリフォームの一括見積りサイト


トイレリフォームの相場は、インターネットで一括見積りをとることができます。

資料請求のポータルサイト、タウンライフでの資料請求のしかたをみてみましょう。



こちらで地域を選んで次のページに行くと、リフォームしたい項目にチェックを入れて、
内容を書き込めるようになっています。

チェックを入れると、それに合わせた記入例が出てきます。
(難しかったら一文字でも入れておけばOKです。)



同じページの下のほうに、資料を請求できる企業が出ていますので、
住所氏名などの個人情報を入力する前にチェックできます。


全国規模の大手の施工業者だけでなく、
地元でコツコツ実績を積み上げてきた中小規模の業者も選択肢に入っています。




すでにお近くの業者に見積り依頼をしていても、
それが相場として納得できるものかどうかも、確認することができます。

複数業者からアイデア・アドバイスなども受け取ることができるので、
交渉するときに具体的な情報を活かせます。

すべて国が認可した、厳しい登録基準をクリアした業者です。

一括資料請求サイトチェックするならこちらをClick!→タウンライフ・リフォーム