あなたの街厳選されたリフォーム業者から相見積もりをお取り寄せできます。
>>> タウンライフ・一括見積り請求 (入力前に業者名をチェックできます。)
トイレや水回りだけのリフォーム見積もりももちろんOK。

タンクレスなどの高性能トイレへリフォームすると...

高性能トイレへリフォーム

少しリフォーム費用を多めにかけるとついてくるこんなにイイコト

〜〜金額はすべて税別価格で記載しています〜〜

最安値クラスの便器交換だけでもリフォームできますが、
実際には、トイレリフォームは、20万〜40万円ぐらいかけることが一般的です。
50万〜70万円のリフォーム珍しくありません
トイレに居住空間としてのグレードが求められているのもあります。

 

 

和式から洋式へのリフォームは、どうしても床下や壁の工事費がかさむのもありますが、
洋式から洋式へのリフォームの場合、
トイレ本体に、20万円以上かける価値があるほど、
コンパクトで高性能になっているためでもあります。

 

 

また、スタイリッシュなトイレを設置すると、内装もこだわりたくなります。
オシャレな陶器の手洗い、ブロンズの蛇口を選ぶ楽しみも出てきます。
>>>トイレに手洗いを設置する場合の価格相場

 

 

最新式のタンクレスのトイレ、あるいはタンクが目立たないタンク式トイレは、
高品質の温水洗浄暖房便座と一体型になっていて、
便座がトイレを自動洗浄する能力も、室内を消臭する機能もパワーアップ。
様々なことが自動化されて至れり尽くせりです。

 

 

防露・防汚素材のトイレが自分で自分を洗浄するので
滅多に掃除しなくても、"いつもキレイ"を
実現
しているんです。

 

 

 

空間を広く使えるタンクレスにしたら、
別途、個室内に手洗い器が必要になるので、
その設置や給排水管の工事費が加算される場合があります。

 

 

タンク付き便器の場合でも、品質のいい洗浄便座と組み合わせれば、
工事費込みで23万円ぐらいまでアップします。

 

 

トイレを替えるときに内装もいっしょに変えることが多く
電源や給排水管の工事のために別途数万円から十数万円かかることもあります。

 

厳選された地元のリフォーム業者をご紹介
リフォーム費用の相場を知るなら >>> 一括見積り請求

トイレや水回りだけのリフォーム見積りもOK。
見積り依頼のときにメモ欄に質問を書き込めます。

 

 

また和式トイレから洋式トイレへのリフォームでは、
商品と工事費を併せて最低で十数万円程度ですが、
給水管の移設電気コンセントを新設をする必要があれば、1〜3万円程度追加になります。

 

 

2階にトイレ増設の場合は、状況によって追加料金がかなり変わります。
45万円以上かかる場合も珍しくありません。

 

手すり設置や、和式便器から洋式便器へのリフォームが介護目的なら、
介護保険が適用される場合がありますので、市区町村の
ケアマネージャーさんにご相談ください。

 

従来型タンク付きとは異なる最新モデルのトイレは、次のように整理できます。

 

●タンクがないタンクレストイレ
●便器とタンクがくっついた一体型トイレTOTOGGは、見た目はタンクレストイレそっくり)、
●手洗いとトイレを繋いだシステムトイレです。
 ※システムトイレは、タンクレスを使う場合と、トイレのタンクをキャビネットで覆っている場合があります。

 

 

 

手洗いを別途つけるなら、案外、
システムトイレを設置するほうが割安になります。
給排水管がトイレから伸ばせるため、
大掛かりな工事が不要だからです。

 

 

ショールームで色々体験できることが理想ですが、
メーカーごとの展示を見て回るというのは大変ですよね。

 

そんなときに便利なのが無料の一括資料請求です。

 

工事経験が豊富な地元の複数業者から見積りアドバイス・アイデアを取り寄せられるので、
知っているところで決めるつもりだったのに、数十万円節約できたという経験談もあります。

 

 

次はとことんコストを抑える場合を見てみます。
>>>自分でトイレリフォームすると…

 

 

あなたの街のリフォーム業者から相見積もりをお取り寄せできます。
>>> タウンライフ・一括見積り請求 (入力前に業者名をチェックできます。)

 

 

>>>トップページに戻る

 

トイレリフォームの一括見積りサイト


トイレリフォームの相場は、インターネットで一括見積りをとることができます。

資料請求のポータルサイト、タウンライフでの資料請求のしかたをみてみましょう。



こちらで地域を選んで次のページに行くと、リフォームしたい項目にチェックを入れて、
内容を書き込めるようになっています。

チェックを入れると、それに合わせた記入例が出てきます。
(難しかったら一文字でも入れておけばOKです。)



同じページの下のほうに、資料を請求できる企業が出ていますので、
住所氏名などの個人情報を入力する前にチェックできます。


全国規模の大手の施工業者だけでなく、
地元でコツコツ実績を積み上げてきた中小規模の業者も選択肢に入っています。




すでにお近くの業者に見積り依頼をしていても、
それが相場として納得できるものかどうかも、確認することができます。

複数業者からアイデア・アドバイスなども受け取ることができるので、
交渉するときに具体的な情報を活かせます。

すべて国が認可した、厳しい登録基準をクリアした業者です。

一括資料請求サイトチェックするならこちらをClick!→タウンライフ・リフォーム