トイレのカタログ価格をリフォーム費用の目安にする

トイレ機器代金は値引き価格が当たり前

リフォーム業者が提示するトイレ機器代金は、そのカタログ価格から3割~5割、つまり数万円値引きされていることが多く、大量に仕入れる業者ではモデルによっては6割前後も割引いた価格を提示します。

ですから、カタログ価格で最安値が10万円でも、キャンペーン価格でタンク付き4万円以下とか、洗浄便座付きで6万円以下もあります。

こうなってくると、メーカーのカタログ価格はあてにならないと思われるかもしれません。

それでも、カタログ価格を知っておくことは、リフォーム広告や見積りをチェックするときに役立ちます。

トイレのカタログ価格(>メーカー希望小売価格)≧[新トイレ代金(の値引き価格) + 取替え工事費(約3万円)+ 旧トイレ処分費]の式
このように、リフォーム業者からのトイレ本体の割引き価格取替工事費合計は、ふつうはカタログ価格以下に収まるので、異常に高くなっていないかは、それが一つの目安になるのです。メーカーも業者が工事費分ぐらい値引きできるように価格設定しています。

(ホームページから漏れて、カタログだけに掲載されているモデルは型落ちで、在庫処分に入っている可能性もあり、さらに値引きされるかもしれません。)

床のクッションフロアもまず貼り替えたほうがいいのですが、便器取り替え時に一緒に頼むと1~2万円の割安料金で済むので、それを加えても、カタログ価格内に収まる場合も多いようです。

TOTO、Panasonic、LIXILのカタログ価格(メーカー希望小売価格)

主要トイレメーカーのTOTO、Panasonic、LIXIL(INAX)に代表される現在主流の住宅用トイレは次のように分類することができます。

  1. 組み合わせ便器(便座は別購入)
  2. 便座一体型トイレ(タンク付き)
  3. 便座一体型トイレ(タンクレス)
  4. システムトイレ(タンクはキャビネットに収納)

2018年1月現在のメーカーカタログ価格(税抜)を表示していますが、これがトイレ取り替え工事費と旧洋式トイレ処分費を含めたトイレリフォーム費用(税込)の目安になります。

組み合わせ便器(便座は別購入)

組み合わせ便器は一般に、従来からのタンク付きトイレで、便座は別購入になります。最安製品は89,600円(税抜)からですが、温水洗浄便座を加算すると最安で154,400円。洗浄便座が不要な人は、暖房便座や普通便座の設置も可能です。

洗浄便座の上位モデルを選ぶと、タンク付き便座一体型トイレと価格帯は変わらなくなります。

組み合わせ便器のトイレ

個別トイレ詳細の一覧はこちら→TOTO、LIXIL、Panasonicトイレのタイプ別カタログ価格の一覧

便座一体型トイレ(タンク付き)

手洗い付きは組み合わせ便器トイレと似ていますが、高さが低く手が洗いやすいのが特徴。手洗いなしは一見タンクレストイレのようにコンパクトです。温水洗浄便座は上位モデルを採用しています。タンク部分と便座を合わせて「機能部」と呼び、便座が壊れたらタンクごと交換されます。

便座一体型トイレ(タンクレス)

個別トイレ詳細の一覧はこちらTOTO、LIXIL、Panasonicトイレのタイプ別カタログ価格の一覧

便座一体型トイレ(タンクレス)

ネオレスト、アラウーノ、サティスに代表されるタンクレストイレ。温水洗浄便座は上位モデルを採用しています。奥行きが少ない分、空間をゆったり使えますが、2階以上では水圧の低さが問題になる場合があります。

タンクレストイレ個別トイレ詳細の一覧はこちらTOTO、LIXIL、Panasonicトイレのタイプ別カタログ価格の一覧

システムトイレ(タンクはキャビネットに収納)

手洗い付きのトイレから手洗い無しのトイレに交換する場合は、個室に手洗いを設置する必要が出てきます。新たに壁の中に給排水管を通すには工事費がかなり高くなりますが、システムトイレの場合はトイレ本体への給水管を分岐させて、キャビネットの中や棚の下を通すので、割安になります。

また、タンク付きトイレでもキャビネットで隠すのですっきりしたレイアウトになり、トイレ本体も若干安くなります。

システムトイレ

個別トイレ詳細の一覧はこちらTOTO、LIXIL、Panasonicトイレのタイプ別カタログ価格の一覧

 

このように、組み合わせ便器の最安値でも10万円以上で、そこから最低3割は値引きされるので、最安トイレ本体は高くて約7万円。洋式トイレから洋式トイレへの交換・設置工事は、旧便器処分費込みで3万円程度なので、実際のトイレリフォーム費用がカタログ価格を超えることはまずありません。(床や壁などの内装工事は別とします。)
和式トイレを洋式トイレにリフォームするときの相場はこちら
こうしてみると、業者のリフォーム見積り費用をメーカー各社のカタログでチェックすれば簡単なようですが、トイレの機能やデザインが進化した分、情報が多すぎて、コスパを比較するのはなかなか大変です。

最初は満足していても、あとになって「あの時わずかな料金差でこんな選択肢があると知ってたらそっちを選んだのに…」ということは十分あり得ます。

いまリフォームを考えるご家庭では、20年ぐらい前に普及していたトイレをご利用中の場合が多いと思いますが、ざっと頭に入れておいたほうがいいと思われることをまとめてみます。

見積もりサイトの広告

最近のトイレについて、もう少し見ておきましょう。

>>>見積書チェックの前に知っておいたほうがいいこと

資料請求サイトで地元の業者から複数の見積書を取り寄せる

見積書を取り寄せるときは、最低でも2カ所以上から相見積もりを入手して比較しましょう。

資料請求サイトでは、国家資格や独自の審査基準をクリアした信頼できる優良施工店を紹介しており、見積書だけでなく無料リフォームアドバイスしてもらます。業者側の誠意もチェックできますね。

サイトによって手順が少し異なりますので、とりあえず申し込みやすそうなところに、あるいはすべてのサイトで申し込んでみてはどうでしょうか。一般にしつこい勧誘はないそうですが、もし発生したら資料請求サイトに報告することができます。

案内サイトからの電話で相談しながら業者を選びたい人向け

リショップナビのアイコン
リショップナビでは… 過去の実績や保証内容など複数の審査項目をクリアした優良な会社をご紹介。
簡単な入力で送信し、コンシェルジュから電話がかかってきたら質問に答えてお近くの業者を選んでもらえます。
「安心リフォーム保証制度」で引き渡し後1年以内に工事瑕疵があった場合の損害を保証。Webからのお見積り依頼後、コンシェルジュがお客様のリフォーム希望をおうかがいします。リショップナビのサイトへ

Web操作だけで、直接資料を郵送してほしい人向け

タウンライフリフォームのアイコン
タウンライフリフォームでは… 国家基準をクリアした全国300社以上のリフォーム会社を掲載。ご住所入力後にあなたの街のリフォーム会社をご紹介。その中からご自身で選択された施工業者がアドバイス・アイデアプラン・お見積もりを直接お送りします。

タウンライフのサイトへ

とりあえす匿名で参考価格のシミュレーションを見たい人向け

リノコトイレリフォーム公式サイトへ
リノコでは… メールアドレスだけの登録で、トイレリフォームのシミュレーション価格を表示できます。

住所氏名の入力は空白で登録でき、トイレの写真入りで価格相場をチェック。ただし、詳細情報を申し込むときは、資料請求ではなく下見依頼になります。商用専用のメアドを登録して、相場価格を参考にしながら、他のの資料請求サイトで資料を別途申し込んでもいいかもしれません。
リノコのサイトへ