タンクレストイレの人気の理由のひとつは、個室をゆったり使えることですが、
どれぐらい奥行きが小さいのでしょうか。

実は、もともと、コンパクトトイレを売りにしたLIXILのサティスSが、いまでもダントツトップ。

こんな感じです。

従来のトイレはタンクの部分も入れると奥行きが
76~79cmぐらいあったのですが、
サティス奥行き65cm

洋式トイレは便器先端から壁(またはドア)まで最低でも40cm、できれば50cm必要と言われるので、
個室の奥行きが105cmぐらいしかなくても、サティスなら設置できそうです。

ただし、タンクレストイレを選ぶときには水圧が十分かをチェックしてもらってください

タンクレストイレを販売しているのは、TOTOLIXILPanasonicの3社ですが、
奥行きが小さい順に並べると次のようになります。

サティスS(LIXIL)【タンク】タンクレス
【奥行きx幅】65cm x 41.5cm
【水量】4L(壁排水は5L)・3.3L(壁排水は3.8L)

 

 

 

 

ネオレスト(TOTO)【タンク】タンクレス
【奥行きx幅】69.2cm x 38.9cm
【水量】3.8L(壁排水は4.8L)・3.3L(壁排水は3.6L)

 

 

アラウーノS II(Panasonic)【タンク】タンクレス
【奥行きx幅】70cm x 38.3cm
【水量】5.7L・4.0L(壁排水は4.5L)

 

 

 

アステオ(LIXIL)【タンク】タンクあり
【奥行きx幅】71cm x 43.2cm (壁排水は奥行き73cm)
【水量】6L・5L

 

 

 

 

サティスG(LIXIL)【タンク】タンクレス
【奥行きx幅】72cm x 40cm
【水量】4L・3.3L

 

 

 

 

アラウーノV(Panasonic)【タンク】タンクレス
【奥行きx幅】72cm x 38.3cm
【水量】4.8L・3.0L

 

 

 

 

 

 

GG手洗いなし(TOTO)【タンク】タンクあり
【奥行きx幅】73cm x 39.1cm (壁排水は奥行き73cm)
【水量】4.8L・3.6L(ecoは3.4L)

GG800手洗い付き(TOTO)【タンク】タンクあり
【奥行きx幅】73cm x 39.1cm (壁排水は奥行き73cm)
【水量】4.8L・3.6L(ecoは3.4L)

 

 

 

各モデルの価格は
TOTO、LIXIL、Panasonicトイレのタイプ別カタログ価格の一覧
を参考にしてください。
(奥行き等のサイズも一覧できます。)

いかがでしょうか。
水圧が低い場合はタンクレストイレは設置でききませんが、
タンク付きトイレでも、アステオやGGは従来品に比べてかなり奥行きが短くなっています

ただし、ここに上げたモデルは洗浄便座が標準で付いていますので、その分、価格は高くなります。

機器代金のメーカー希望小売価格が20万円前後からですが、
リフォーム業者のキャンペーンなどでは工事費込みで十数万円ぐらいになる場合もあります。

耐久性のある洗浄便座はどうせ設置したいという場合は、普通のタンクありトイレを選んでも、
それほど高機能トイレのエコノミータイプとは変わらない場合もあります。

ここで言う高機能トイレのエコノミータイプというのは、

ネオレストならDHタイプ
サティスならEタイプ
アラウーノならSタイプになります。

あまりにも選択肢が多くて選びにくい場合は、ざっと当サイトで価格などの目安を確認して、複数の業者さんに相談することをお勧めします。

無料の一括資料請求サイトから、メモ欄に状況を記入して、地元の優良リフォーム会社からリフォームアイデアを取り寄せることが可能です。

 

>>>トップページに戻る