トイレリフォームでは介護保険住宅改修助成制度の対象となる工事があります。

  • 和式トイレから洋式トイレなどへの便器交換
  • 手すりの取り付け
  • 段差の解消
  • 引き戸や折戸への扉の取り換え

被介護者一人あたり、支給額が18万円に達するまで繰り返し利用できます。(支給限度基準額20万円まで、かかった費用の1割が自己負担となります。)
該当する場合は市区町村ケアマネージャーさんに相談されることをお勧めします。