トイレリフォーム契約のポイント

トイレのリフォームに限りませんが、まず、何をどう変えたいかを決めます。

トイレの場合、

  • 便器の交換だけにするか、洗浄便座も一新するか。
  • トイレの種類・グレードはどうするか。
  • 手洗いはどうするか(従来通り、手洗い付きタンクにするか、タンクレストイレにして
    キャビネットやサイドカウンターの上に設置するか、単独で手洗い器を取り付けるか)
  • トイレットペーパーホルダータオルハンガーはどうするか。
  • 床、壁、天井、照明などの内装をどうするか。
  • バリアフリーをどの程度進めるか。

などを考えながら、ざっくり予算を決めていきます。

ざっと予算を決めたら、複数のリフォーム業者に連絡して、
概算見積もりリフォームプランアイデア・アドバイスを取り寄せます。

この段階では無料相談程度のつもりで構いません。

取り寄せた情報を吟味しながら、最低でも2社、現地調査に来てもらいます。

提案書と最終見積りを見ながら、工事を依頼する業者を決定します。

概算見積もりの段階では出ていなかった案件は、すべて契約書や覚書に記載してもらいます。

製品の品番や色、サイズなどは、希望通りになっているか、インターネットでチェックしておきます。
機器の価格は、メーカー希望小売価格を参考に、妥当であるかをチェックします。

意外と、大手住宅メーカー系列のリフォーム担当者が、契約書への記載や
変更事項の紙面による情報共有がいい加減だったりします。
(提案段階では、実務経験の少ない肩書だけの従業員に任せている場合があります。)

客のほうも、日本ではあまり細かい追求をしない人が多いせいか、
「どうせわかってくれているだろう」と考えて、詳細事項が不安でも口約束で済ます傾向があります。

でも、お金を払ってこれから何年も(何十年も)使う場所の工事を依頼するわけですから、
口頭で交わした約束はすべて書面に記載してもらうように徹底しましょう。

契約書を渡されたら、内容に間違いや漏れがないかを確認し、
もし追記すべきことがあれば、合意の上、手書きでも記入してから押印します。

家まで現地調査のために来てもらう業者は2,3社ぐらいまで絞るのもいいですが、
まだアイデアを固める段階であれば、できるだけ多くの業者から、情報を取り寄せましょう。

一括資料請求のサイトであれば、一度の入力で、地元の優良リフォーム会社から
概算見積りやリフォームプランを取り寄せることができるので便利です。
業者も複数に引き合いが行っていることを承知しているので、
個々の連絡をとるときのような気兼ねは要りません。

>>>トイレリフォームの業者の選び方を知りたい

>>>トップページに戻る

 

一括資料請求サイトチェックするならこちらをClick↓

トイレリフォームの無料一括見積もり【タウンライフリフォーム】
トイレリフォーム・一括見積もり【リショップナビ】