~~金額はすべて税別価格で記載しています~~

戸建てのトイレのリフォームがマンションなどの集合住宅と最も異なるのは、
2階に増設するという場合でしょう。

特に、介護などの必要に応じて、2階にトイレ増設をする例が年々増加しています。

押入れや階段の踊り場などに1畳ほどのスペースがあれば、増設は可能となるようです。

介護目的でなくても、高齢化する来客のためにも手すりの設置をする場合が多いですし、換気扇や通気弁の設置、階下への排水の防音処理なども必要になってきます。

増設とば別に、1階の古くなったトイレを改装したいという場合も多く、マンション以上に、結露などで壁や天井が傷んでいて全面的な工事が必要となるようです。

トイレを和式から洋式に変える工事では、
総額25万~45万円ぐらいが相場ですが、
壁、床、天井などのクロス張り替えには、さらに3万~5万円はかかります。

 

2階にトイレを増設する場合、1階の給排水管が近くにあれば総額50万~75万円ぐらい。
近くにない場合は、給排水管の設備工事でかなり追加料金が変わるようです。

 

比較的シンプルな2階トイレ増設で、
総工事費が約50万円の例をあげますと、内訳は下記のようになります。

便器シャワートイレペーパーホルダーなど基本的機器の取り付けで、

  • 機器代金+と工事費約15万円
  • 給排水管設備工事約18万円
  • ドアなどを取り付けると建具工事約8万円
  • 壁、床、天井内装工事4~5万円
  • 電気工事照明配線込みで4~5万円
  • これに、現在は廃材撤去のための費用が約3万円かかります。


もちろん、個々の住宅で事情は異なりますので、最終的には実際に現場を見てもらって見積もってもらう必要がありますが、内訳の相場を知っておくことは、交渉の上で役に立つはずです。

 

インターネットの一括資料請求でも、細かい事情を書き込んで複数の業者から無料アドバイスを受けることができますので、参考にして下さい。

 

一括資料請求サイトチェックするならこちらをClick↓

トイレリフォームの無料一括見積もり【タウンライフリフォーム】
トイレリフォーム・一括見積もり【リショップナビ】

 

>>>温水洗浄便座を取り付ける費用の相場

>>>トップページに戻る