トイレリフォーム工事の基本的な流れ

工事に至るまでの流れとしては、

電話やネット経由での問い合わせ

業者の訪問による現地調査

リフォームプランの提案と見積り

リフォーム工事の契約

工事日程の設定とスペックの決定

工事までの準備(周辺のモノの片付け)

となりますが、ここからは、工事の流れについて説明します。

洋式トイレから洋式トイレへのリフォーム

Step1 工事着工・既設便器の解体

既存の便器を取り外します。

配管の工事が必要な場合は床の一部解体をします。
床の下地から交換する場合は床全体を解体します。
このときになって、配管の腐食や躯体などの不具合が見つかる場合があります。
説明に納得ができれば、追加費用の相談となります。

Step2 水道、電気工事

既設トイレの排便管位置と新規トイレの排便管位置が異なる場合には配管の工事を行います。
リモデル便器の場合、排水管にアジャスターが付いているので、この工程が不要になる場合が多いです。
電源がない場合には、電気工事をします。

Step3 床下地工事

解体した床部分の下地を造作していきます。
これは、和式トイレから洋式トイレへのリフォームで必要になってきますが、
洋式から洋式へのトイレ交換で配管も動かす必要がない場合は、この工程は不要です。

Step4 塗装補修・内装工事

内装工事も希望する場合、新規便器取り付け前に張替えを行います。
窓枠など塗装補修がある場合には塗装をします。
その後、天井壁のクロス床材を張替えます。

Step5 新規便器の取付け

便器とタンク、便座を取付けます
給排水の設定もこのときに行います。
トイレットペーパーホルダーや手すり、タオル掛けなどを取り付けます。

カウンターや手洗いを別途設置しない場合は、掃除をして、完成です。

こちらに、便器交換工程の動画があります。

これは、1995年以前の便器を撤去する交換工事。
リモデルアジャスターを使っていますので、排水管の移設が不要です。
短時間で工事が終わっています。

 

和式トイレから洋式トイレへのリフォーム

和式便器から洋式便器へのリフォーム工事も、基本的には洋式から洋式へと同じですが、
タイルや床のコンクリートを剥がして排便管の位置の変更のための切り回し工事、
そして床下地の大工工事が、まず必要となってきます。

また、洗浄便座を取り付けるために、ほとんどの場合、電源設置工事が必要です。

同じグレードの洋式便器を設置するとして、最低でも10万円くらい
洋式から洋式への変更より高くなる場合が多いようです。

詳しくは和式トイレを洋式トイレにリフォームするときの相場で説明します。

リフォームでのトラブルの体験談はこちら。
>>>トイレリフォームのトラブル

>>>トップページに戻る

 

 

トイレリフォームの一括見積りサイト

資料請求のポータルサイト、タウンライフリフォームでのリフォーム資料請求のしかたをみてみましょう。

静岡県三島市の戸建てを選択してリフォーム計画書(見積り)作成依頼スタートボタンをクリックしてみます。

フォームが表示されるので、リフォーム希望箇所などを入力します。トイレだけでもOK。
★入力しなくても、このページの下のほうに紹介されるリフォーム業者について先に見ることができます。

詳しいことは電話がかかってきたときに答えればいいので、適当に必須項目をチェックします。

お名前や連絡先などの入力欄です。

見積り依頼送信ボタンの下に表示されている、地元のリフォーム業者です。静岡県三島市の場合は7件。
興味のない会社のチェックボックスは外しておきます。

詳細ボタンをクリックすると、各リフォーム業者について、ポップアップ表示されます。

(この段階で閉じてしまえば、個人情報は一切送信されません。)

入力が済んだら赤いボタンをClickします。

複数業者からアイデア・アドバイスなども受け取ることができるので、
他の業者さんと交渉するときにも具体的な情報を活かせます。

すべて、他社と比較検討されることを承知で、厳しい登録基準をクリアした優良リフォーム業者です。
もちろん見積りもアドバイスも無料。結果的にこの中から選べなくても、問い合わせのときにその旨を伝えればしつこく売り込みが来たりはしません。(困った場合はタウンライフリフォームに報告できます。)